Buckingham Palace

13 10月

エリザベス女王の公邸であり、執務の場でもある、バッキンガム宮殿。

毎年、女王がスコットランドに滞在される夏に限り、一般公開される。

在英5年が経過したのに、未だ訪れた事のない夫クン。(私は見学済み)

「これではイカン!」と公開最終日の先週の日曜日、夫クンを連れ立って見学へ!

↑↑↑ 宮殿の正面(これはいつでも見れるけど) ↑↑↑

宮殿内部の写真撮影NGで、入場前に係員から説明を受ける徹底ぶり。

撮影できたのは建物外観と庭園のみ。

豪華な装飾のステートルームや、今年の目玉(?)の王室所有のダイヤモンド展示

などを写真に撮れず、残念。でも、どれもこれも素晴らしかった☆

↑↑↑ 宮殿の西正面(見学ルートの終わり) ↑↑↑

それにしても、最終日だったせいか、この日は激混み過ぎ…。

途中の部屋で、全く進めなくなってしまい、満員電車状態になってしまったり。

時間指定でチケット購入しているのに、どうしてこうなるのかな??

宮殿を出たときは、見学できた感激よりも、人混みでの疲れが勝っていた。

↑↑↑ 宮殿の庭園 ↑↑↑

宮殿の後は、王室の公用車(馬車&自動車)が保管されている “Royal mews” へ。

ここは一年中見学できるし、写真撮影もOK。

エリザベス女王即位50周年で使われた、煌びやかな The Gold State Coach や、

ウィリアム王子&ケイトさんの Royal Wedding で使われた馬車も展示されてたり。

↑↑↑ Royal Mews ↑↑↑

馬もいたけど、みんな餌に夢中で、振り向いてくれる仔はいなかった。

でも、馬大好き♡の夫クンは、ココの見学が気に入った模様。

馬といえば、この日はパリ凱旋門賞。迷った末、今年は行くのを諦めたのだった。

(凱旋門賞の結果:本命の日本馬オルフェーヴルは、惜しくもまさかの2位)

*** お・ま・け ***

↑↑↑ St.James’s Parkのリス君 ↑↑↑

帰りは大好きなセントジェームズパークをお散歩。

秋の味覚(団栗かな?)を美味しそうに頬張るリス君がかわいかった♡

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。