Archive | 旅行 フランス RSS feed for this section

Bordeaux 9 ~ Final

4 10月

ツアー最終日9月23日の午後は、ボルドー市内でフリータイム。

何でも「フランス人も納得する、評判の美味しいラーメン屋さんがある!!」

というのを聞きつけて、行ってみることに。

< ↑↑↑ 興奮のあまり、ピンボケ ↑↑↑ >

スープは醤油ベースでコクがあり、もちもち麺によく絡んで、と〜っても美味しい♪

肉汁の詰まったジューシーな餃子(写真、撮り忘れ…)も Good ♪♪

ロンドンでは出会えない、本当に美味しいラーメンで、行ってみて良かった♪♪♪

< ↑↑↑ “FUFU”の外観 ↑↑↑ >

店内もお客さんが入れ替わりやって来るし、テイクアウェイも大盛況。

さすが食文化の国、フランスは違う★ ご一緒した他の方も、納得の味。

ちなみに「熱くてフーフーして食べる」ので「FUFU」という店名になった模様。

***

その後、ラーメンと餃子で、かなりお腹一杯のはずだったけど、

やっぱり白ワイン&オイスターを楽しみたい!! ということで、

集合場所のグランドホテルにある “Brasserie l’Europe” で、のんびりいただいた。

3年くらい前に一度酷くアタったから、食べたくても避けていたオイスター。

ずっとお預けだったから「そろそろ良いよね?」と逸る気持ちで口に入れると、

プルン。。。とした食感と、磯の香りがたまらなかった♡

***

そういえば、ボルドーで、スゴいワンコ(↓)と遭遇したっけ。

巨大だし、全身を長い毛で覆われてるし、熊みたいで存在感が半端ない。

お目目隠れているけど、ちゃんと見えているのかな??

ボルドー滞在中は、連日真夏日で暑かったけど、天候に恵まれて何より。

ツアーに一人参加!? と最初は不安だったけど、充実していて楽しかった。

来れなくなってしまった可哀相な夫クンに、ちゃんとお土産買いましたよ〜。

“Lagrange (⇒, , )” を2本 、”Tertre (⇒)” を1本、

そして、サンテミリオンのものを1本、と計4本のワイン。

重たかったけど、頑張った。二人で仲良くいただきま〜す☆

Bordeaux 8 ~ Ch.Margaux & Ch.Palmer

3 10月

シャトー・デュ・テルトルの次に向かったのは “Château Margaux“。

予定にはなかったけど「マルゴー村へやって来たのだから、外観だけでも!!」

というJTBさんの計らいで、急遽立ち寄ってくれることに。

突撃だし日曜だし、中には入れなかったけど、さすが第1級の5大シャトーの一つ。

門前に広がる並木道も、堂々とした門構えも、ギリシア神殿風のシャトーも、

とっても優雅で風格があって、眺めるだけでかなり満足♡

「ワインの女王」と言われるボルドーワイン。その中でも「最も女性的なワイン」

と表現される「Château Margaux」は、数々の著名人を虜にしてきたらしい。

そんなステキなワインが、ココで作られているのね♡

ちなみに、シャトー前を通りかかったワンコちゃん (↑:お散歩中? 観光中??) 。

真っ白でフワフワしてて、とってもラブリー。

何だかシャトー・マルゴーとお似合いな感じ★

***

その後、ボルドー市内へ向かうバスの車窓から、

「メルヘンチックでカワイイ〜♡」と思い、慌てて撮った奇跡の一枚 (↓) 。

ちょっと合成っぽく見える写りだけど…。

調べてみると、”Château Palmer” という格付け第3級のシャトーと判明。

リッチな舌触りで、深みのある果実味と凝縮感が特徴のワインで、評価が高い。

マルゴーのワインも、パルマのワインも、どこかでお目にかかってみたいな♪♪

Bordeaux 7 ~ Château du Tertre

2 10月

ツアー最終日の9月23日、ラグランジュを後にして向かったのは、

Margaux にある、格付け第5級の “Château du Tertre (注:音アリ)”。

ちなみに、22日に見学した3つのシャトー(⇒ , , )は、Saint-Julien。

木製・コンクリート製・スレンレス製と3種類の醸造タンクが使われていて、

木製のものは、趣きがある。更に、ユニークな形の卵型タンクもあった。

熟成樽は、真ん中にワイン色のラインが効いていて、オシャレ感のあるデザイン。

試飲でいただいた “Château du Tertre (年代、忘れちゃった…)” はまずまず。

ここは、醸造所がユニークだったり、さりげなく飾られた小物がステキだったり、

他とは違ったセンスを感じられて、なかなか楽しかった★

Bordeaux 6 ~ ラグランジュの葡萄畑

1 10月

ツアー最終日の9月23日。

朝、”Château Lagrange” を発つ前に、少しだけ葡萄畑をお散歩。

澄み切った空気の中、広大な畑を歩くのは、とっても気持ちいい 〜♪♪

副会長の椎名さんがお話されていた通り、畑を進むにつれて、

大きな砂利→小さな砂利→粘土質の土、と土壌が変化していることや、

高低差がかなりあることが、よくわかったりして、なかなか面白い★

***

ちなみに、滞在したお部屋はこんな感じ。

以前は、葡萄の収穫など、他の国から出稼ぎにきていた人たちが使っていた宿舎

を改装したもの。各部屋の入口に、鳥のプレートが飾られていて、かわいい♡

そして、お食事をいただいた建物はこちら。

ラウンジもあって、2日目の夜は、ツアーのみなさんで、

ウィスキーをいただきながら、いろいろおしゃべりできて楽しかった★

たった2泊だったけれど、贅沢な自然に囲まれたラグランジュでの滞在は、

心をキレイに、そして、豊かにしてくれた気がする。シャトー万歳★

Bordeaux 5 ~ ラグランジュのお食事

30 9月

9月22日のお食事。

全て滞在した “Château Lagrange” でいただいたもの。

*** Breakfast ***

爽やかな自然光の差し込むお部屋で、清々しくいただいた朝ごはん。

外がカリッ、中はモチッ、としているパンが、美味しかった♪♪

*** Lunch ***

シャトーを案内して下さった、ラグランジュの副会長・椎名さんと一緒に。

スターター・メイン・デザートと、豪華なビュッフェスタイル。

日本人の好みに合わせて、ご用意いただいたお料理は、

色鮮やかで見た目にも楽しく、そして、どれもとっても美味しい★

椎名さんセレクトのラグランジュのワイン。

この白ワインは、特に和食と相性が良いとのこと。

Les Fleurs de Lagrange 2011, Les Fiefs de Lagrange 2006

*** Dinner ***

エレガントにセッティングされたディナーテーブル。

ランチに引き続き、椎名さんから、

ワインのこと、ボルドーのこと、フランスのこと、などなどいろいろ教わって。

~ Dîner du Samedi 22 septembre 2012 ~

Grappe de Melon Charentais au jambon de Bayonne
Les Arums de Lagrange 2011
Les Fiefs de Lagrange 2005

Carré d’Agneau rōti et ses garnitures
Château Lagrange 1995

Assiette de 3 Fromages et Salade de saison
Château Lagrange 1985

Sorbet << Yusu >> dans sa ronde de fruits rouges

お食事もワインも、最高のプレゼンテーションで、抜群に美味★

特に、塩・胡椒でシンプルにグリルされたラムが、素晴らしかった!

こんなに美味しいワインを、こんなにたくさんいただくのも初めて♡

この上なく、優雅で贅沢な時間★

***

それにしても...。

急なお仕事の都合で、ロンドンでお留守番だった夫クン、

私一人でこんなに楽しんでしまって、本当にごめんなさい&どうもありがとう

Bordeaux 4 ~ Château Beychevelle

28 9月

2日目の午後、引き続き訪れた3つ目のシャトーは “Château Beychevelle“。

ここのシャトーは「メドックの小さなヴェルサイユ」と呼ばれるそうで、

本当に堂々と立派でキレイ(↓の写真:上=正面、下=裏)

ここでは、コンクリートとステンレスの2種類の醸造タンクが使用されていた。

地下にあるカーヴ(↓の写真:左下=地下カーヴ)は珍しいのだそう。

レンガの壁が雰囲気を醸し出していて、なかなかステキ

“Amiral de Beychevelle(セカンドライン)” と “Château Beychevelle” の

共に同じ年(確か2009年もの)を試飲させていただいた。

“Château …” はと〜っても美味しかったけど、€90.00で、購入するには高嶺の花

ところで、このシャトー内に飾られていたポスター(↑の写真)。

これは、1855年に格付けされた、第1級〜第5級(グラン・クリュ)のシャトー

を描いたもの。上から順に、第1級、第2級、…。

ちなみに、”Château Lagrange” は第3級で、”Château Beychevelle” は第4級。

ポスターの写真から、それぞれのシャトー、見つけられました???

Bordeaux 3 ~ Château Beaumont

27 9月

2日目、ランチをいただいた後、次に訪れたシャトーは “Château Beaumont” 。

ワイン用の他に、食べる用のブドウも栽培しているそうで、

“Victoria” というマスカット色の実をいただいてみると、とっても美味しい

このシャトーは、熟成カーヴが、なんとも良い香りで

でも、試飲でいただいた “Château Beaumont 2009” は悪くはなかったけど、

同じラベルの “2008” は、ちょっと… な感じ。当たり年なのに、どうしたのかな??

そういえば、ここはブドウ収穫機を使うそうで、何故か試乗(?)させてくれた。

車の運転免許を持ってない私、何気に初運転席!!(座っただけだけど)

シャトーによって、いろいろ違いがあるんだな〜と面白い見学タイムでした